ステレオ
Teisco EP-17

■ネック

ヘッドストック

突き板も耳貼りもない簡素なスモールヘッドに「T」ロゴ。入手時にマシンヘッドが消失していたため、バーゲンで買ったゴトー製シングルフランジのクルーソンタイプ(ツマミの色合いが絶妙)を付けてある。

ネック

マホガニー系(←当然ラワンも含む)と思われるワンピースネックは25.5インチのアコギスケール。トラスロッドはノン・アジャスタブルだが、作られてから約半世紀経た今現在も特に大きな問題は出ていないので、たぶんこれからも大丈夫だろう。

グリップ

握り込み型コード弾きに最適な幅狭でやや厚みのあるトライアングル・グリップ。ナットからハイポジションに至るまでほとんど指板の幅が変らないユニークなものだ。

指板

ローズウッドっぽい指板に極細極薄フレット。

■ボディー部

形状

幅18インチ、深さ(周辺部)約9.5cmという堂々たるフルサイズ・ボディ。

材質

マホガニー系らしきボディは黄色系の生地着色の上から微妙な赤茶色サンバーストの極薄ラッカー塗装が施してある(ネックも同様)。板の薄さも相まって生音のボリュームは圧倒的だが、アンプリファイドした時のフィードバックも圧倒的だ。

ブリッジまわり

思い切り堅そうな木製台座に木製ブリッジ。サイズ的にかなり頓智の効いた設計だが近日交換予定。

■アセンブリ関係

ピックアップ

オリジナルはディアルモンド風ピックアップが3個付いていたらしいが、入手時に消失していたため、とりあえず余っていた60'sカワイの「ハウンド・ドッグ・テイラー」ピックアップを付けてある。当然オリジナルのエスカッションにはサイズが合わなかったが、その辺は雑な加工でどうにかした。

コントロール

上部プレートには各ピックアップのON/OFFスイッチ、下部プレートにはマスタートーン、マスターボリューム、アウトプットという解りやすいレイアウト。

ノブ

フェンダー・ジャガーやギブソンSGに付いてるやつみたいな上部に金属板が付いたトップハットタイプ。ちゃんとポインターが付いているのが素晴らしい。

■その他余談

←ギターのある暮らし・トップに戻る